負けんばい、熊本‼︎

この週末、
急きょ、被災地かつ実家のある阿蘇に帰ってきました。

阿蘇に行くには、
熊本空港から普段は国道57号を通るのですが、
ご存知の通り阿蘇大橋が崩壊し、且つ国道が遮断された為、
阿蘇のミルクロード(外輪山)を通り、
通常の所要時間の3倍以上3時間も掛かり、阿蘇に辿り着きました。


現地はやはり、熊本地震に伴う地震(余震)が、
東日本大震災以上に多く、
予断を許さない状況でした。

しかしながら、
実家はもとより
周辺の家の復旧作業や炊き出しに協力していく中で、
今まで以上に、互いの助け合いを感じ、
とても辛い環境状況・生活の中での、
知り合いの笑顔に元気を貰ったのも事実です。


今年の1月に帰省した際に、
何気なく『久々に…』という気持ちで、
たまたま阿蘇神社や阿蘇山、熊本城を見に行きました。


阿蘇神社の楼門前(2016.1)


しかし、今回の地震で一転、
幼少期から見ていた光景、
つい最近まで見た光景が、
地獄を見ているかのような光景に変わり、
本当に何の言葉も出ませんでした。


熊本城と武者返しの石垣(2016.1)


皆さんも報道でご覧になったかと思いますが、
今回の震災でこの重要文化財や阿蘇山の千里塚にも
崩落や亀裂など多大な被害を受けています。


熊本城天守閣(2016.1)


復旧には、何十年も掛かり
時間だけではなく莫大な費用も掛かると報道では流れています。
しかしながら、立ち止まっては、何も進みません。
熊本城では、以前より【一口城主制度】募金が設けられています。
これは、基本的に復元整備に使用される一般市民からの募金活動です。


熊本城天守閣からの眺望(2016.1)


今回、これとは別に、【熊本城災害復旧支援金】が設けられました。
支援金の案内は、熊本城の公式HPで掲載されています。

http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/

早くあの雄姿が見たい一心で、少しでも役立てればと、
私も早速支援いたしました。

ぜひ皆さんも、ご支援の程、宜しくお願いします。
熊本のみなさん、負けんばい!!!


がまだすばい、熊本‼︎②

〜熊本支援、私たちにできることは〜


http://news.yahoo.co.jp/story/151


【キーポイント】
◉熊本県や日本赤十字社が義援金募集口座を開設している
◉熊本市が飲料水、紙おむつなどの支援物資の送り先を公開
◉ふるさと納税で被災地に納税可能、お礼を辞退することも
◉現時点では現地での災害ボランティアは控えて
(転載:yahooニュース)

全国のみなさん、
ご支援宜しくお願い致します。


がまだすばい、熊本‼︎

『熊本地方で震度7の地震が発生。』

会社で震災の一報を聞いたときには、
一瞬、理解できませんでした。

『熊本』『地震』『震度7』
全く結びつきませんでした。

実は実家が熊本の阿蘇市で、
両親含み親戚がみな住んでいます。

前震が起きた直後は、連絡が繋がったものの、
本震が起きた朝に1度連絡が取れたっきり、
停電の影響もあり、
連絡が取れない状態です。

混乱している被災地で、
ボランティア活動も自粛されている今、
私達にいま出来ることは限られます。

私自身も、何もしてあげられない中、
いつ届くかわかりませんが、
飲料水やインスタント食品、缶詰などの発送、
できる限りの募金、
そしてメッセージを投げ掛ける事だと思い、
当ブログからもメッセージを発信させて頂いてます!

また、全国各地、
北海道から青森・岩手・秋田・山形・宮城・福島・栃木・
新潟・長野・埼玉・東京・千葉・愛知・大阪・兵庫・広島・
山口・福岡・鹿児島・台湾の友達やみなさん、
九州では自身も被災しているにも関わらず、
心配のメッセージや連絡ありがとうございました!

熊本のみなさん、
一人じゃなかけんっ!
一緒にがまだすばいっ!

できる事は、何でもするけん!


最後になりますが、
このたびの熊本地震により、
亡くなられた方々に対し心からご冥福をお祈り申し上げますとともに、
甚大な被害を受けられた皆様方に対しまして衷心よりお見舞い申し上げます。

また、一日も早い復旧をお祈りいたします。

がまだすばい、熊本‼︎