灯台下暗し?!

いつも仕事で回っている際に、
佐倉市で目にする看板『歴博』。


国立歴史民俗博物館


千葉に住み、
身近にありつつ、
まだ一度も行く機会がなかった
国立歴史民俗博物館に
週末行ってきました♪


歴博外観(エントランスから)


場所は、千葉県佐倉市。
江戸時代には佐倉城、
明治になってからは佐倉連隊の施設が置かれ、
現在は佐倉城址公園と接しています。


御朱印船模型


1983年にオープンし、
現在は、
■第1展示室(原始・古代)
■第2展示室(中世)
■第3展示室(近世)
■第4展示室(民俗)
■第5展示室(近代)
■第6展示室(現代)
■企画展示室A・B
と設けられ、
日本列島に人類が現れた数万年前から
現在までの日本の歴史と文化について
約1万点の資料を展示しています。


京都町並復元模型(戦国時代末ごろの京都四条室町)


残念ながら、
今回は、
■第1展示室(原始・古代)が
展示の新構築(リニューアル)工事の為、
閉室中でした…。


江戸橋広小路模型


しかしながら、
国立博物館だけあって、
展示物や資料の数は、
想像以上に多く、
満足度◎でした!!!


旅籠「角屋」


博物館の施設名のとおり、
歴史の展示はもちろん、
民俗に関する資料・展示が豊富で、
全国の葬祭まで紹介しています。


宇出津あばれ祭(石川県能登町)


まさかまさかの河童も展示‼︎
妖怪コーナーまであるのが、
この博物館の特徴かもしれません。


河童像


また、近現代の展示コーナーでは、
浅草の町並みに演劇場まで復元されています。


浅草の街並実大復元模型


最後の展示物は、
現代コーナーにまさかの
ゴジラ像‼︎
最後まで飽きなく楽しめて、
あっという間に3時間経ってました♬


ゴジラ立像


博物館・美術館大好きな自分ですが、
歴博は大満足‼︎
家族揃ってでも楽しんで、
勉強できるスポットです!
佐倉市に寄った際にはぜひ‼︎

また7/12からは、
【よみがえれ!シーボルトの日本博物館】が
開催されます!
鳴滝塾を開校したりと
長崎にゆかりのある
医師・博物学者のシーボルト。
こちらも楽しめそうです♪


==================
国立歴史民俗博物館
千葉県佐倉市城内町117
℡043-486-0123(代)
■開館時間
3月~9月  9:30~17:00
10月~2月 9:30~16:30
■休館日
毎週月曜日(月祝の場合、翌日休館)
年末年始(12/27~1/4)
■入館料(総合展示)
一般:420円
高校・大学生:250円
小・中学生:無料
==================